男の 巾着

今日は

「おとなハンドメイド工房」 さんに伺いました
http://www.facebook.com/otonahandmadekoubo

代表の平井さんには 昨年から 

あ〜でもない、こ〜でもない という僕の、、、

というより(中国の和尚様の)希望する作品のイメージが
いまいち 読み取れなかったこともあって
先月 上海に行ってみて、やっと掴んだわけですが

その 細かいサンプル要望に 何度も応えて頂きまして

やっと 完成形であろうと思われる巾着に
今回は 仕上がったのであります


まず 厚みでした

中国茶の小さめな茶碗や ぐい呑みや 猪口や湯呑
その他 茶筒など入れるにあたって

外からの衝撃で割れないよう、表地と裏地の間に 
わた素材などで厚みを付ける必要がありました

どのくらい? って想像したけど
やはり 本人に会うのが一番早かったです


器の高台を守るために 底板も縫い込んであります

ループは 絞り込むタイプではなくて
紐を編み込んだ 手間がかかる日本古来のもの


そしてさらに

ぶら下げた時に 手首で一回りして握れるていどで
落下を防ぐ 太めの紐を通しています 


今回のデザインは あえて 渋〜く 渋〜く

陶器のような重厚感と 釉薬のようなワンポイント柄で
まさに男性が お気に入りの猪口を入れて
ふらっと 居酒屋に顔を出す

そんなシーンを さりげなく演出するはずです