韓国 修学旅行 其の三

オレら 初日のホテルに着いた

まあ 普通のホテルで

大宴会場での飯は 鍋のごたあやつで
キムチが 皿に大盛りしてあって
やっぱ本場のキムチは うまかったよ

箸が ステンレス製の物やったけん
珍しいけん 持って帰った

あの箸、どこいったんやろ、、、

飯の後 自由時間になったんで
ホテルの一階の土産屋に行ったら

そこの姉ちゃんの一人が 
ミニスカートで めっちゃ 綺麗やった

名前なんすか? って聞いたら
日本語が上手で、キムなんとかって、、、

綺麗ですねって言うたら
ありがとう ってよ  ワォ〜ッ

姉ちゃんが お菓子の箱 取ってる隙に
ちらっと パンツ覗いたら
なんと、 サテン生地の七色パンツやった!

あれは多分、 覗かれていい
二重パンツやろうと思うな

そんで

姉ちゃんにこっそり

「オレの部屋 202やんね、今夜 遊びに来ませんか?」

って 言うたら

「仕事が終ってから 11時に行きますね」

だってよ

もうオレは ビンビンに興奮して
退学になろうが 関係ないと思って

同部屋のやつに 
姉ちゃんが来たら押入れに入っとけよっつって
11時から待ったけど、、、来ないわけ

そりゃそうだろね
分かっとったよ うまくあしらわれたぐらい、、

アホな 日本の学生相手に
毎年 土産売ってる大人やもんね

がっくりきたんで

オレはスリッパで ホテル内ば そうついた

ロビーから ちょっと外に出たとこで

「オラァ〜 外出禁止て 言うとろうがぁ〜」

って怒鳴られて

ギクッて振り返ったら
国士舘出身の 剣道の先生やった

あっ そうやった! 
部屋ば出たらいかん時間やったったい

「貴様! 歯をくいしばれ!」

オレは 2発 びんたされて
ケツを 思いっきり蹴られたげな

あ〜 情けねぇ

泣きっ面にしょんべんの

韓国の初日の 夜やった


続く、、、。